スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

3エリアロールコール参戦記

 先月末、3エリアの28MHzAMロールコールに参加すべく岩国市銭壷山を目指しました。



 実は先々月、TS450にてなんとかチェックインに成功したのですが(このロールコールではGWではDX記録らしいです)、残念ながらアマ機でのチェックインだったので、今回はそのリベンジを果たすのが目的。
 当日は諸々の事情で開始時刻には間に合わず、なんとか開催時間中の午後10時ごろにようやくオンエアできる体制に。今回は写真のサウンドエアーSS8450を用意しました。



 アンテナはこんな感じでツェップライクを張ったんですが、コンディションのためか、微かしか入感せず。GWだと安定して聞こえそうな気がしますが、さすがに300Kmオーバーで見通しでないとなると、気象の変化などに影響を受けやすいようです。ロールコールのキー局は生駒山と六甲山に分かれていますが、六甲キー局はほとんど聞こえない状態でした。
 当日は合法CBの移動日でもあったので、銭壷山にはヒロシマZX27局が先客でいらっしゃったので、しばしアイボールQSOを楽しみました。28MHzは諦め気味だったのですが、そのうちにコンディションがアップ!しかし、何度かコールするも、やはり届かず。一時期は六甲もRS31〜41程度で聞こえていましたが、こちらにも届きませんでした。
 その後、合法CBにて周防大島移動のやまぐちBA18局とQSO。なんとか坊主は免れました。

 比較的参加局の多いRCなので、コンディションのタイミングとキー局さんに拾っていただけるタイミングが噛み合わないと難しいですね。開始直後の午後9時台がDX局優先時間なので、次回はそれまでには山に上がりたいです。アンテナも垂直系が欲しいなぁ…

28MHzAM QRP + 合法CB運用

久しぶりのフリーの休日。
朝から近くの港へ出かけて、無線三昧でした。

 

 合法CB機の手前にあるのは、MIDLAND ALAN42です。違法帯のバンドワッチや、28−29MHzのAM・FMの受信に使っています。あくまでCB機ベースですので、バンド+CH表示なんですよね(笑)歯抜けもそのままあるんですが、バンドプラン切り替えで1KHz台を0にすることができますので、29MHzにも一応対応。28305はF−40CH 355はG−4CHとなります。

 今日は355をワッチするのに使ってました。聞こえてきたら車内のTHREE SEVENから声を出す格好です。

 午前中は355では1エリアのコールがちらっと聞こえただけで、交信はなし。一方のCBでは、ふわーっと浮き上がる感じの開け方で、なんとか数局をモノにできました。

 成果は、交信局 イバラキAB399 サイタマAB960 チバCB750ほか受信のみ多数。

 この前日に交信まであと少しだった、こうべAA995/JR6局にも電波が届いてたみたいですが、関東のフクオカコール局と勘違いされてしまい、またしても交信ならず。

 CBのEs交信はアマチュアと比べると独特で、少ないCHに数多くの局がひしめき合う環境です。開けすぎると誰が誰を呼んでいるのかわからなくなってしまいますし、今日みたいなそれほど強力でないオープンでは、誰が呼ばれているのかがわからなかったりします。そんな状況にもかかわらず、ローカル感覚でESで聞こえてきた知り合いの局を呼び出す声や、CQに応答している局を呼び出す局、別の局を呼んでいる局に声を掛ける局がいたりと、(笑)CH内はカオスな状況となります。そんな中で確実に交信を成立させるには、いかにオープンのタイミングを見極めるか、いかに手短に交信成立させるかが鍵かもしれません。

 午後は固定からまったり28MHzAM運用となりました。THOMAS.JからJH1WNR JE1WEB両局
と交信成立!トーマス君は5wでも飛びというか了解度がいいようです。反面、当局の固定のノイズ環境では耳が追いつかないことが多く、いつもご迷惑をおかけしております。

 久々に交信メインの一日でした。繋がった各局さんTNX!

IC-575 VS IC-740

我が家の固定の様子です。
IC575は28/50MHz、IC740は1.9〜28MHzのHF機。
AMで出ることが多い28MHzではIC575が主体ですが、
IC740でも切り替えて使用できるようにしています。

 




AM変調の良さが定評があり、未だ人気の高いIC-575です。私の所有物はTX改造ができる前期型ですが、特に必要もないのでそのままです。特許絡みの問題があったらしく、アイコムお得意のPBT(パスバンドチューニング)が装着されていないバージョンがあるらしいです。100w出力のIC575DHでしたっけ?が一番レアなんでしたかね?50MHzで使用が前提で購入したんですが、結局出ず終いです。



IC740はローバンド、7MHzで遊ぼうと手に入れたのですが、こちらも全くといっていいほど出てませんね。4.5mの釣竿アンテナを立てて環境だけは整えたのですが…どなたかお相手ください!

今日、28MHzをサーチしておりましたら、PP5BI(ブラジル)が私のチープなアンテナでも聞こえておりましたので聞き比べてみました。どちらもRS41ぐらいで、かろうじて内容が理解できる程度。IC740のPREAMPの性能が良いらしく、Sメーターの触れはIC740に軍配。聞きやすさでもIC740が勝っているようです。S/N比がIC740のほうが優れている感じでしょうか?ただIC575がぜんぜんダメ、という訳ではなく、そこまでの差は感じませんでした。古い28/50MHz機とさらに古い中級HF機の比較なんて誰も欲しがらない情報ですが(笑)参考まで。

COBRA142GTLでDX!

 ここのところのDXのオープン具合は凄いですね。
モービルからでも南米・北米やEUがガンガン入ってきます。
普通にアマ機で声を掛けるのも楽しいんですけど、
折角なので改造機でもちょくちょく声を出しています。



これまでも何度もご登場のCOBRA142GTLです。今日も夕刻にEUが入ってましたもので、片っ端からコイツで声を掛けておりました。フィンランドの局に声を掛けてJN4?のコールバックがあり、何度かコールを送るもCDNが下がってダメ、そのあともエストニアやラトビアあたりの強い局に声を掛けるも全く歯が立たず。59+で入感のUA9OMTに数度コールしてやっとQSO成立。つたない英語で改造機でQRPであることを伝えると59のレポートと「OK! NO PLOBLEM!」のお言葉をいただきました。まぁそんなに遠くはないところですが、このリグではロシアは初めてでした。





 いまさらながらですが、COBRA42GTLはPLLは入っておらず、外部VFOのDIGI-SCAN UFOで周波数を制御するシステムです。一見カウンターみたいですが、5KHzステップで表示されてそれ以下はVOICE LOCK(もとはクラリファイヤ→VXOに改造済み)で調整するしくみです。今回はほぼ表示周波数あたりで入感していたので問題ありませんでしたが、中途半端な周波数はこのリグでは正確な数字が読めないんですよね(笑)実用上問題ないですが、QSLを送るとなると周波数が読めないのって意外と困りますね(笑

上に映っているHL50Bもあるんですが、結局はベアフットで遊んでいます。目指すはEU…なのですが、ハードルはまだまだ高いようです。


フリーライセンスラジオ オンエアデー参加+α

 今日はフリーライセンスラジオの移動日でしたので、珍しく?朝から参加しました。考えてみると、免許不要系のネタはこのブログでは初めてですね。といっても、もちろんアマチュアも運用。場所はいつもの山口県岩国市銭壷山です。



 非常に見晴らしの良い山で、天気のいい日は四国や九州の国東半島を望むことができます。この日はちょっと霞んでました。もう秋を通り過ぎて冬の気配です。
 合法CBでは、広島県三原市・福岡県北九州市・香川県三豊市と交信。500mクラスの山ですが、やや瀬戸内海に突き出したロケのため、標高の割りに東西によく飛んで行きます。地図に記していない三原市と北九州市は見通し外ですので回析・反射波だと思います。北九州は海岸からのオンエアでした。



 香川県とは特小でも交信できました。直線距離で約137Km!10mwではなかなかのDX。相手の移動地がはっきりわからなかったので特小DXの自己記録更新かと思いましたが、残念ながら更新とはなりませんでした。相手局も700mクラスの山ということでしたが、地図を見てのとおり、上手い具合に高い山を避けてくれたようです。

 午後3時ごろになると、合法CB各局はQRTして下山を始めたようでしたので、当方もQRTしてアマチュア無線にQSY。1200MHzの八木を振り回してみましたが…呼べど叫べど反応なし。かろうじてレピーターの反応はありましたので、福岡・佐賀・愛媛・大分にはちゃんと飛んでいっていることはわかりました。ビームの切れもしっかり確認できました、でも相手がいない…



 仕方なくHFへQSY。28MHzが静かでしたので、21MHzでQRVしましたが、なんとか9A9A(ウクライナ)と交信。フィンランドが59で聞こえていましたが、モービルホイップでパイルに歯が立つわけもなく交信できませんでした。1局できただけでもよしとしましょう。

28MHzでDX

 ここ最近ハイバンドがにぎやかですね。まだマトモに海外との交信はできませんが(汗)勇気を出して?海外DX局に声かけてます。しかし、カスリもしないという事態がつづいておりましたので、QRP仕様だったIC721を本来の50Wまで出す仕様に戻しました。

 普段は夕方まで仕事ですから、なかなか思うように交信できないのですが、今日は有給をとりました。昨晩宿直でしたので、会社から帰りつつ28MHzを聞いておりましたら、なんだか聞きなれないコールが。LU8って…携帯から検索かけてみましたら、地球の反対側、アルゼンチンではないですか!暫く山道を走ってましたので、固定近くの海まで出てから声をかけました。最初はQRZ?が帰ってきましたが、必死に声を出しましたらなんとか届きました。RSレポートは57!オンボロIC721とCR-10Hという組み合わせでまさか南米まで届くとは!これだからハイバンドはあなどれないんですよね。

 日中はJA5TVFさんがはるばるおいでいただいて、モービル基台やらケーブルやらいただきました。(感謝!)ルーフレールがある車だからと、また調子に乗ってアンテナ増やしてしまいそうです?

 アイボールを終えた後、午後3時ごろから今度は21MHzをワッチ。28MHzと同様、こちらもオープンしているようです。10〜20KHz間隔ぐらいで海外局が聞こえていました。ちなみにこちらのアンテナはオークションでお馴染み、ヤマワ製の極細ナサタイプ風アンテナ(2500円也)です。比較的信号が強いウクライナやイタリア局にも声をかけましたがさっぱり駄目。イタリア局からはモバイルステーション!と呼ばれたので私かと思いましたが糠喜びに終わり、カスリもせずでした(涙)それでもオーストラリアのぺディション局?VK4LDXとは59−59で交信。

 少しずつ暗くなりはじめた頃、ふたたび28MHzにQSY。さきほど21MHzで交信したVK4LDXがこちらにQSYしていました。 721から呼べば普通に交信できそうなレベル(RS55)ですが、それでは芸がないので、ここはFT817を出してQRPで!と調子に乗ってみました。でも、やっぱり駄目っぽいです。しかし、時折QRZを繰り返すことがあり、私を呼んでるの?と思われるフシが。それならと、
合法CBerの伝家の宝刀?「車の上でアース取りますよ!作戦」でコールしましたら、なんと一発で取ってもらえました!これにはビックリ!合法CBでは電気的に接続してアースを取ることすら許されてませんので、車などの上にリグを置いてアース効果を得てDXをするのが一般的なんですが、今回はこれをFT817で実践。アマチュアではアース取ってもかまわないんですけどね、アース線なんてすぐにはありませんから。レポートは57をもらいました。ちなみにアンテナはeBAYで見つけた2000円ぐらいのロッドアンテナです!乾電池2.5WでDXです!!



こちらは携帯動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=qzRpYhguN1Y

コンディションの上がらない季節のQRP交信

先ほどJA8TDLさんのコールがEsで聞こえてきました!もちろんQRPです!

この時期になると、もうEsは開けないような印象がありますが、短時間でスポット的なオープンが時折見られます。先ほどの交信はまさにその典型で、レポートを送った途端に弱くなり、ファイナルを送ったあとは全く聞こえなくなりました。その五分ほど前まではひたすらCQを出していたのですが全く反応なしでした。諦めてワッチ体制に入って少ししたところで、TDLさんの声が急に聞こえてきました。

あとでサマリイオノグラムを確認しましたら、その時間は全測量所とも全く反応なし。私がワッチに入ったきっかけは、掲示板へのTDLさんの005オープンの情報でした。常にハイパワーで昼夜問わず出ているこの電波は、パイロットとして皆さんも利用されていると思いますが、やはり正確ですね。ただしパワーが半端ないだけに、ここが聞こえても10mで聞こえるかどうかは別問題です。弱く開けている中でも最大のピークを捉えないと交信は難しいと思います。

さらに、短い時間でコールとレポート交換を済ませないとコンディションはあっという間に落ちてしまいます。このあたりの心構えが必要かもです。

掲示板などのお手軽ツールは、本来は邪道なのかもしれまんけどね、この時期にEsを楽しむのには非常に有効な手段だと思います。

50mw QRPp交信に参加

QRP掲示板にて、7L1ETS局から自作QRPp50mw機にて運用されるとの事で、
待機しておりました。私は固定でCOBRAにて運用。

27MHz某CHは既に激しいQRM状態、しかしながら28MHzのバンド内はちらほら運用局がある程度でした。印象としては、まぁ上がってはいるけれどそれほど…といった感じでしょうか。

固定では時折強力なノイズに見舞われるのですが、この日は割りと静か。コンディション上昇時の特有の空電ノイズはありましたが、気になるほどではありませんでした。

指定の周波数にて聞いてましたら、ETS局のコールがふわーっと上がってきました。といってもほんの5秒程度。すかさずETS局をコールしましたら、フェージングの山の部分で当方のコールを呼んでいるのが確認できました。が、そのままフェードアウト。諦めずレポートをおくっとところ、コールと「59」を送る声がなんとか確認でき、無事交信成立となりました!!

50mwがはるばる飛んできたことも驚きでしたが、私の耳だけを頼りに調整したCOBRAでその信号をキャッチできたことがさらに驚きでした!


本日もEs交信!

今日は朝2時間仕事→そのままドライブの1日でしたが、
折を見て355(たまに365USB)でCQ出しておりました。

午前中、トンネルの多い山陽道をはしっておりましたら、
ノイズの中から「どうぞ!」のはっきりした声が聞こえましたので、あわてて車をPAへ。
3コールの名古屋移動の方で、たまたま当方の声をキャッチしていただいたとのこと。

ちゃんと3Wに絞ってQRPで出ていただいたようで。それでもピークで53ぐらいで受信できました。
「やはりこのバンドはCDN次第ですね」のお言葉をいただき感激でした。

昼前、11時半ごろには、CQの声をかすかに確認するも、交信には至らず。

夕方になって、JA8TDL局のCQをキャッチし、お声がけするもフェードアウト。

そのまま固定に到着となり、それでも諦めきれずに固定近くでオンエアしてましたら、
ふたたびJA8TDL局の信号がノイズの中から浮き上がってきました!
あわててお声がけするも、いまひとつ弱い様子。

それから、1/2フルサイズのノンラジアルを出したりして臨戦態勢に入ってましたが、
もうだめだと諦め、いつものCR-10Hに戻したところでふたたび入感!
ここでようやくJA8TDL局と交信成立となりました。

その後、掲示板にオンエアの情報をいただき、固定でワッチしてましたが、
こちらはノイズまみれでさっぱりダメでした。

固定からTDL局と繋がったポイントまでは50mと離れていないのですが、
固定では強力なノイズが出るとサッパリ…このあたりは非常に微妙ですね。

本日の交信での教訓?ですけど、やっぱりQRPでの交信はポイント選びだと感じました。
交信箇所は見晴らしのいい高台の高速PAと当方固定近くの海辺。
少ない出力での交信となると、ノイズやフェージング対策が必要となるので、
ノイズの少ないロケのいい場所で「半固定」での運用が必要と感じました。

その上でコンディションのピークを掴む事。
開けていてもQRPで交信できるタイミングは限られていて、ややもすると一瞬なんですよね。
0.5Wの合法CBでは、皆さん慣れてらっしゃって、短い間にレポート交換・交信を終わらせてます。
アンテナや出力にもう少し余裕のある28MHzではそこまで急ぐ必要もないでしょうが、
コンディションがいまひとつのときは簡素なQSOも必要かなぁと思います。
もちろんレポート交換ばかりではつまらないので、まずはレポート交換、
そんでもってQRAやQTH,リグの紹介と続いてゆく感じですかね?
こんなこと書いてたら「そんなの当たり前だ!」といわれそうですが(笑)

なにはともあれ、今日は成果の多い一日でした。

本日の交信

 今日は朝からよく開けてました。

部屋片付けたりしてまして、日中はオンエアせずワッチに徹してました。

夜になって365SSBにてJF1CJT局とQSO!
SSBでは久しぶりに交信したような??

最初、CQを出してどなたかに呼ばれたんですけど分からずで、
その後、CJTさんのコールが聞こえてお声がけしました。

CB改機では、CQ出すにもピッタリ365に合わせられないので、
コールバックがあっても???なことがしばしば。
クラリファイヤで相手の信号にゼロインするのも結構大変です。

送受バランスが多少悪くてもクラリファイヤで追っかけてくださいね>皆様。

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

シャックとガラクタと私。

QLOOKアクセス解析

Twitter

Ustream

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM