スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

モービル基台が取り付け困難な車でのHFアンテナ設置

 以前ご紹介した私のモービルですが、アンテナ基台を取り付ける場所がなく、アンテナの取り付け方法を思案しておりました。この車にはルーフレールがなく、リアハッチはガラスのみが開くタイプ。市販のルーフキャリアなどもないので、これまではフロントの牽引フックから立ち上げておりましたが、それではベースローディングタイプでは思うようにSWRが落ちません。そこからマストを立ち上げる方法がありますが、それでは洗車機には入れません。そんな中で両面テープで貼り付けるタイプの基台を見つけ、これでアンテナを立ててみることにしました。



 用意するのはアンテナ基台とアースの編み線、そしてアンテナです。基台のスペックは「200g以下ノンラジアルタイプの1m以下」ですので、アンテナはいわゆるNASAタイプを用意。アース線はボディに当たって傷が入るので、熱収縮チューブに収めました。



 アースは一旦車内まで引き込んで、リアハッチのヒンジ取付部分に留めました。編み線はもともと50cmぐらいあったのですが、半分の長さにカットしています。ウェザーストリップゴムの中を通したので雨漏りの心配もありません。サイドに取り付けるなら、ドア上のハンドル部分やシートベルトの根元など、取り付けられるポイントがあると思います。どうしてもなければアースシートを利用する手もあるかと。



  アンテナは100gぐらいしかありませんので、この基台でも十分耐えられると思います。アース線を用いることで少しだけ周波数が下がりましたので再調整し、AMバンドとSSBバンドはチューナーなしで使えるようにしました。このタイプのアンテナはヤフオクでおなじみのヤマワさんから各種出ていますので、他バンドでのQRVも可能だと思います。

 

スポンサーサイト

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • 10:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
他のアンテナでもそうかもしれませんが、NASAタイプのアンテナってめっちゃ揺れますよね。でもその揺れと軽さがいいんかな?と思います。
  • ヒロシマMY24
  • 2012/07/02 3:18 PM
こんにちは。

ナサタイプはセンターローディングですので重心が高いのと、トップエレメントが極端に細いので、確かによく揺れますね。

私も心配になってSWRで計りながら走ってみたことがありますが、意外と安定した数値でしたよ。

耐入力ではあまり余裕はなさそうですが、安価な割には性能は良い印象です。
  • JN4SPT
  • 2012/07/02 5:03 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

シャックとガラクタと私。

QLOOKアクセス解析

Twitter

Ustream

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM