スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

業務無線機の改造

またまたご無沙汰です。
実は、近々引っ越すことが決まっておりまして、それに向けて
無線のほうも準備を進めているところです。
念願のマイホーム!なので、アンテナも遠慮なくやりたいと思います。

さてさて、今回のネタはこちら。



150MHz帯・6ch仕様の業務無線機です。
SHINSHOというメーカーのようですが、どこかのOEMでしょうか?
オークションで既に若干の改造がされたものを入手しました。
改造といっても分周比をいじってるだけみたいですが。
そうです、これはPLL方式の業務機ですね。



東芝のTC9122PというICです。調べてみましたら、
かつてアイコムのハンディ機・IC2Nあたりで使われてたとか。
当時は分周比を弄って、+10MHzシフトする改造などが流行ったそうです。
CB機でも使われていました。資料はネットで転がってます。
もっともこのリグには、出品時から改造資料も添付されてましたので、分析は不要でした。
分周比はこのダイオード群でPLLのそれぞれのピンにかかる電圧を
ON−OFFさせて変更します。



TX−RX別々の周波数を設定可能になっていて、6CHという構成からも
もともとは消防無線用の無線機なのではないかと思います。

周波数が近いので2mのアマ機として設定することも可能ですが、
今回は地元の消防波に設定してみました。
感度はまずまず、といったところでしょうか。
周波数を絞れば、ピンポイントで高感度にすることは可能でしょうが、SGがありません…

消防波といえば、来年には完全にデジタル化してしまいますので、
いつまで聞こえるかは判らないですが、聞ける限りはこの機械で楽しみたいと思います。

デジタル化したら広島電鉄の周波数でも設定するかな?

スポンサーサイト

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • 08:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

シャックとガラクタと私。

QLOOKアクセス解析

Twitter

Ustream

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM