スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

COBRA142GTL 再調整&メンテナンス

久しぶりに固定機・COBRA142GTLのネタです。CB改造機でのオンエアを再開してからのメイン機ですが、早いもので改造から5年、やはりあっちこっちガタが出てきてます。



デカくて場所を取る機械ですけど、一方でメンテナンス性は優れてます。フタを開ければ大体のところには手が届きますし作業もし易い。さて、今回のメンテのメインはこれです。



MODメーターの固着&ランプ切れです。ランプは2つあって、先日までは片側だけは生きていたので少しは明るかったのですが、ついに両方が切れてしまいました。1970年代製造のリグですから、ここまでよくぞ持ったといえばそうかもしれません。もうひとつ、右側のMODメーター(変調計)がヘンなところで固着しているのが確認いただけますかね?まずはここから手を付けます。



メーターは透明のカバーの部分が外せますので、こんな感じで取り出して、根元の部分をマイナスドライバーで廻してみると、大抵の場合は固着が収まります。断線などで完全に故障してしまった場合はメーター交換となりますが、このタイプのメーターは透明な部分が特殊なので同等品がありません。その場合はプラスチックの部分から金属部分を引っこ抜いて似たようなメーターからスワップします。今回は根元をこねて復活いたしました。お次はランプ交換です。



ゴムの部分がヘタってきてますが、電球を引っこ抜いて交換できました。モービル機なんかだとテープで留めてたりするだけのものもありますが、さすが固定機、しっかり固定してあります。



こちらは球切れしてた電球です。今時はLED化したほうが球切れのリスクがなくなりますので一般的なんでしょうが、ほのかな電球の色が似合うような気がしましたので、これは電球のままとしました。



電球が点灯して雰囲気が出ましたかね?実は左のメーターは駆動部をスワップしてますので針の長さが違うんですよね。MODメーターが固着してしまったのも実は2度目だったりします。



続いて受信系統のコイルを再調整しました。これまでは28.45MHzぐらいをピークに調整していたと思いますが、今回は28.7MHzぐらいで調整してみました。自作・改造機推奨周波数の28.855MHzとSSBバンドの中間ぐらいの感覚です。最後にガリが出まくっていた電源スイッチ兼音声ボリュームに接点復活剤をひと吹きしておきました。復活剤は一時的なもので根本的には交換がベストですが、スイッチつきのボリュームで丁度いいものがなかなかありません。

以前はこういう改造をやっていると「譲ってほしい」とよく言われたもんですが、AM専用機ならまだしも、SSBつきのリグは調整する箇所が多くてクリチカルだったりするので、それなりにでもスキルをお持ちでない方へはお断りしてました。(今は譲るほど持ってませんのであしからず)古いものでしかも素人の整備ですから故障は付き物、むしろそれを楽しめるぐらいじゃないと、この種の無線機では遊べないかもですね。

スポンサーサイト

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • 21:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

シャックとガラクタと私。

QLOOKアクセス解析

Twitter

Ustream

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM