スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

COBRA142GTL 再調整&メンテナンス(おまけ)

昨日メンテナンスを行ったCOBRAですが、実はもうひとつ問題を抱えてました。もうずっと前から気付いてたんですけどね、
28.3〜28.5MHzあたりでは気にならなかったんですよ…なので見てみぬふりをしてました(笑)



これ、実は28.855MHzを指しています。そう、100KHz台のセグメント欠けです。3・4・5の数字では使わない左下の部分。型番などから詳細が判らないかと確認してみましたが、残念ながらコリア製。テスタを当てて「アノードコモン」ということだけはわかりました。今日の昼休み、地元のパーツ屋さんに入って探してみましたら、1個だけこのサイズの在庫があったので、とりあえず買ってみました。



見るからにぜんぜん違う感じですが、動作は同じです。



こんな感じです。見るからに違いますね。そして…



セグメント欠けはなくなりましたが(笑)

田舎のパーツ屋にあったこれ、調べてみたら現行品のようなので、
こうなったら全部変えたほうがよさそうです。
秋月でも扱ってりみたいなので、何か注文するときにでも買おうと思います。


 

COBRA142GTL 再調整&メンテナンス

久しぶりに固定機・COBRA142GTLのネタです。CB改造機でのオンエアを再開してからのメイン機ですが、早いもので改造から5年、やはりあっちこっちガタが出てきてます。



デカくて場所を取る機械ですけど、一方でメンテナンス性は優れてます。フタを開ければ大体のところには手が届きますし作業もし易い。さて、今回のメンテのメインはこれです。



MODメーターの固着&ランプ切れです。ランプは2つあって、先日までは片側だけは生きていたので少しは明るかったのですが、ついに両方が切れてしまいました。1970年代製造のリグですから、ここまでよくぞ持ったといえばそうかもしれません。もうひとつ、右側のMODメーター(変調計)がヘンなところで固着しているのが確認いただけますかね?まずはここから手を付けます。



メーターは透明のカバーの部分が外せますので、こんな感じで取り出して、根元の部分をマイナスドライバーで廻してみると、大抵の場合は固着が収まります。断線などで完全に故障してしまった場合はメーター交換となりますが、このタイプのメーターは透明な部分が特殊なので同等品がありません。その場合はプラスチックの部分から金属部分を引っこ抜いて似たようなメーターからスワップします。今回は根元をこねて復活いたしました。お次はランプ交換です。



ゴムの部分がヘタってきてますが、電球を引っこ抜いて交換できました。モービル機なんかだとテープで留めてたりするだけのものもありますが、さすが固定機、しっかり固定してあります。



こちらは球切れしてた電球です。今時はLED化したほうが球切れのリスクがなくなりますので一般的なんでしょうが、ほのかな電球の色が似合うような気がしましたので、これは電球のままとしました。



電球が点灯して雰囲気が出ましたかね?実は左のメーターは駆動部をスワップしてますので針の長さが違うんですよね。MODメーターが固着してしまったのも実は2度目だったりします。



続いて受信系統のコイルを再調整しました。これまでは28.45MHzぐらいをピークに調整していたと思いますが、今回は28.7MHzぐらいで調整してみました。自作・改造機推奨周波数の28.855MHzとSSBバンドの中間ぐらいの感覚です。最後にガリが出まくっていた電源スイッチ兼音声ボリュームに接点復活剤をひと吹きしておきました。復活剤は一時的なもので根本的には交換がベストですが、スイッチつきのボリュームで丁度いいものがなかなかありません。

以前はこういう改造をやっていると「譲ってほしい」とよく言われたもんですが、AM専用機ならまだしも、SSBつきのリグは調整する箇所が多くてクリチカルだったりするので、それなりにでもスキルをお持ちでない方へはお断りしてました。(今は譲るほど持ってませんのであしからず)古いものでしかも素人の整備ですから故障は付き物、むしろそれを楽しめるぐらいじゃないと、この種の無線機では遊べないかもですね。

28MHz固定用アンテナ2種

以前から移動用に使っていツェップライクアンテナを設置してみました。ヤフオクでは安価で調整済みのツェップアンテナが出品されていて、私のも2500円ぐらいで買ったものです。


エレメントの長さ調整できますが、以前移動用にセットした状態のままで28MHz台はチューナーなしでOKとなりました。
コンパクトですがフルサイズなので移動用にFBですが、固定でもDPよりも上げやすくていいですよ。

一方、こちらは28MHz本格再開にあわせて上げたノンラジアルです。コメットでしたかね?以前販売されていた1/2ノンラジアルのコピー品?ではないかと思います。ヤフオクで1万数千円で出ているアレです。私はそれを中古で捨て値で買いました(笑)



接合部がアルミ削り出しでネジが切ってありますが、これが雑です(笑)トップと2段目のつなぎ目が角度が悪くてくの字に折れてたりしますし…正規品が3万弱ぐらいでしたから、値段を考えるとこんなもんでしょうか?それでもそれなりに?性能は発揮しています。

ちなみに2本の比較ですが、ツェップのほうがやや低い条件で、グランドウェーブの周南漁業無線局の定時放送を聞く限りではいい勝負です。ただノイズでは圧倒的にノンラジアルが有利です。ということで、これで2波同時受信が可能となりました。

それにあわせて、調整したSUPERSTAR360FMのセッティングも行いました。単体でAM5Wですが、ここぞという時のために東ハイのHL−50Bも入れました。といっても所詮は3アマ用ですので、AMでは20Wも出ればいいところですが。



 

SUPERSTAR360FM 調整

また少しご無沙汰です、JN4SPTです。
今回は過去に改造した機械の再調整です。


SUPERSTAR360FMです。
COBRAシリーズではCOBRA148GTX DXという名前で売られていたようです。
このシリーズはFMなしやらパチモンやら
名前の違うものやらいろいろあると前回の記事ではコメントで盛り上がったような?

久しぶりに引っ張り出してみると、出力・受信などは問題ないものの、
MIDポジションのクラリファイヤの範囲が狭くて目標の周波数に届きません。
というのも、実は、例の「新バンド」で出てみようという方がいらっしゃるようで、
私もこの周波数でお相手できないものかとリグを引っ張りだしてました。

目標は28.855なのですが、クラリファイヤの動く範囲が狭くて855にとどかない…
フルカバーできなくても、とりあえず855には出られるようにするのが今回の目標です。

このリグ、コイル調整で周波数は動かせるのですが、
オールモードなのでUSB/LSBとAM3つを調整しないといけないので面倒なんですよね。
ということで、今回は水晶の発振周波数そのものを動かして誤魔化しました(汗)



中央のトリマコンデンサを水晶と直列に繋ぎました。
これで2KHzほど周波数が上がった上で、
なんとクラリファイヤで動く範囲も広がりました。



周波数も合わせました。
この周波数帯は改造機から出られる方に推奨する周波数として
4-5年前でしたっけ?提案されたんですが、
結局当時は定着することはありませんでした。

ここにきて出たいって方がいらっしゃるようなので、
私もワッチしてみたいと思います。

SILK JAPAN80供。横坑唯硲FM

今回はCB機っぽい29MHzFM機です。



SILKというブランドのJAPAN80兇箸いΕ螢阿任后
一見、違法CB機っぽいですが、それもその筈、オリジナルはPACE8035というFCC規格のAM機で、
FM化したうえで国内向けにアマ機として売り出したものっぽいです。
CQ誌の後ろのほうの広告にも出ていたらしく、OMさんには知られた存在のようです。



中身はFCC機の臭いがプンプンしてますが、上に載ってるIC群だけは後付けっぽいですね。
もともとは3クリスタル式のCB機なのでしょうか?400KHzずれた水晶が2つ付いてますので
29.0-29.3とリピータや海外局の出没する上の周波数用の2つの周波数用のようです。



ちゃんとリピータ用の周波数シフトに対応してメイン周波数に飛ぶスイッチも付いてます。
一番右はCBでいうところの一階二階の切替スイッチです。
この3つのスイッチが激しく接触不良でしたが、触っているうちにまともになりました(笑)
ところで写真にあるscan機能は付いてません。



私の手に入れた個体は受信はしていますが送信が接触不良のような症状でした。
PTTを押しても送信に切り替わらない、送信しないことがありましたので、
このリレーの接点を磨いたところ、無事送信するようになりました。



パワコンが付いてますのでそれ用のTrと、その下に2sc1969が見えます。
送信はギリギリ10Wといったところでしょうか。

ちょっとだけ聞いてみましたが、ホニャラがいい感じで入ってました。
感度はまぁまぁなのかな??
しばらく受信体制で様子見ております。


 

<< | 2/41PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

シャックとガラクタと私。

QLOOKアクセス解析

Twitter

Ustream

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM